診療のご案内

リハビリテーション

当院リハビリテーション科は、障害を抱えた患者さまが少しでも『その人らしい』生活を取り戻せるよう、それぞれ専門分野に分かれてリハビリを提供しています。医師の指示のもと、専属の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、鍼灸師が担当し、患者さま1人ひとりに合ったリハビリを実践しています。患者さまが少しでも安心して自宅へ帰れるよう退院前に自宅での日常生活面や運動面へのアドバイスも行っています。

また、自宅へ退院後も継続してリハビリを行えるよう、デイ・サービスや訪問リハビリも当法人内で運営しています。

リハビリテーション科長 山本 祐平

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ
  • 運動器疾患リハビリテーション料Ⅰ・Ⅱ
  • 呼吸器疾患リハビリテーション料Ⅰ
  • 摂食機能療法
  • 集団コミュニケーション療法

 

理学療法士(Physical Therapist:PT)

理学療法とは、寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の維持や改善を目指すために必要な運動や動作を支援することです。その中で、身体各部位の関節可動域の拡大や筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。治療内容については、専属の理学療法士が患者さま1人ひとりについて身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

 

作業療法士(Occupational Therapist:OT)

作業療法とは、移動や食事・排泄・入浴等の日常生活活動全般に関する訓練や家事・外出の訓練、手芸や工芸などの作業を行うなど、その人らしい生活ができるように、目的や目標を持った「こころとからだのリハビリテーション」を行っています。専属の作業療法士が患者さま1人ひとりに合った生活スタイルや精神面を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

 

言語聴覚士(Speech Therapist:ST)

言語聴覚療法とは、言葉によるコミュニケーションに問題がある方に、言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能を専門的に評価し、コミュニケーションの面から自分らしい生活を構築できるよう支援することです。また、食べられない・飲み込めないなどの摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。専属の言語聴覚士が1人ひとりに合った意思疎通の方法や食べ方の工夫などを考え、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

医療法人社団共済会
共済会櫻井病院
〒183-0014 東京都府中市是政2-36
FAX.042-360-9265

tel.042-362-5141